FP


ファイナンシャルプランナーの仕事内容



【FP資格の仕事や将来性】
ファイナンシャルプランナーが国家資格になり、重要度が増す中で、今後は益々需要の高い職種になることは間違いありません。
現在ファイナンシャルプランナーの資格を取得した後の仕事や就職先について大きく分けると2つが考えられます。

企業内のファイナンシャルプランナー
・生命保険・損害保険会社社員
・証券会社社員
・銀行員
・不動産会社社員
など

独立系ファイナンシャルプランナー
ひとことで言うとあらゆる資産運用のコンサルタントになります。

大原モバイルでWeb試験

しかしFP資格があるからといって、すぐに独立しても相談にくるお客さんがいなければ仕事がないのと同じなので、知識以外に、顧客やコネ・人脈など独立するための準備や用意が必要になってきます。

そのために既存のお客様に独立後に仕事をもらえるか、著書を執筆して知名度を上げたりするなどファイナンシャルプランナーとしての自分を宣伝することがまず必要ですね。
本当に実力勝負で将来独立を狙うなら、まず副業から始めるのもひとつの手です。

独立で成功した方々がおっしゃるとおり、企業内ファイナンシャルプランナーと違い、独立して有名になり、多くの信頼を得られれば大変満足のゆく仕事になるでしょう。



ユーキャンのFP通信講座


ファイナンシャルプランナー独学でFP技能士の通信教育

Copyright(C)

ファイナンシャルプランナー独学



FPの将来性、就職先、独立など将来の見込み・見通し